秋田市歯科医師会/地域歯科保健活動|健康な歯と歯ぐきを保つためには

トップページ/地域歯科保健活動|健康な歯と歯ぐきを保つためには

健康な歯と歯ぐきを保つためには

1.歯周病とはどんな病気?

歯周病

監修:須貝歯科医院 須貝昭弘先生 「デンタルなぜ?なに?PART2」
GC友の会 会員特典から引用

歯に歯垢がついて細菌が繁殖し歯肉に炎症が起こると、歯と歯肉の境目(歯周ポケット)から血や膿が出てくるようになります。そして骨を溶かす破骨細胞が活発に働くようになって骨が少なくなると歯がぐらぐらしてきます。このような病気を歯周病といいます。

2.歯周病の進行による症状

歯肉炎

歯肉に歯ブラシが触れると血が出る状態は歯肉炎で、まだ歯を支える骨にまで病気が進行していないこともあります。このときの歯肉は、赤くなって丸くふくれた感じになっています。

この状態から歯周病は始まるので、歯みがきをするときやリンゴを食べるときに歯肉から血が出たら要注意なのです。

歯肉に触ると血が出るのは、歯の周りについた歯垢に棲み着いた細菌が、歯肉に悪い刺激を与えているからなのです。出血するのは、歯肉に炎症が起きるからとされています。特に、軟らかい食べ物をよく噛まないで食べているとこうなります。

  1. 歯ごたえのあるものをしっかり咀嚼する習慣がついていれば、歯みがきなどそんなに一生懸命やらずとも、歯肉に炎症が起こるほどに口の中は汚れないものです。
  2. 食習慣のほかに歯肉炎を起こしやすい状況として妊娠があります。妊娠中は女性ホルモンを好物とする細菌によって歯肉炎が起こりやすいのです。この時期はむし歯にもなりやすいので、十二分に注意が必要です。多少血がでてもしっかり歯みがきしましょう。
  3. 鼻の通りが悪く、口をあけて呼吸をしている人も、歯肉の炎症を起こしやすいものです。くちびるの締まりがなく、いつも口があいているのも問題です。歯肉はいつも唾液に濡れていないといけません。

歯の動揺

歯の動揺

歯は本来、骨の窪みの中に短い繊維によって骨に結びつけられています。この繊維は歯の根の表面の組織に入り込むと同時に、骨の組織にも入り込んでいます。

正常な場合の歯はビクともしないように見えますが、実はこの繊維結合のために50μ程度は揺れるものなのです。鏡を見ながら、自分の歯を指でつまんで横に揺すってみてください。1ミリも動けば、問題です。

そのくらいは動いても痛みは伴わないものなので、意外と気がつかない人が多いです。痛みを感じる前に、歯周病検診を受けることをお勧めします。

歯周ポケットからの排膿

歯肉が赤く腫れて、そこから白い膿がにじみ出てくるようでしたら、正真正銘の歯周病です。歯肉から膿が出るようになると、吐く息がとても臭くなります。こうなった人とバスや電車等で乗り合わせたらかないません。これは、口害(公害)です。

歯肉に指を当てて、押してみてください。歯と歯肉の境目(歯周ポケット)から膿が押し出されるようでしたら、かなり危険な状態です。これは歯と歯肉の間に、骨を溶かす細菌が棲み着いている証拠なのです。しっかり歯みがきをしないと数年も経たないうちにぐらぐらになるかもしれません。歯周病検診を受けて確認してもらいましよう。

その他

また歯周病には歯垢の問題の他に、噛み合わせの力加減や、歯ぎしり(ストレス)、喫煙、骨粗鬆症、糖尿病など免疫の問題も関与しています。気軽に相談でき、指導をしてもらえる歯科医院を持ちましょう。

歯周病って何?

監修:須貝歯科医院 須貝昭弘先生 「デンタルなぜ?なに?PART2」
GC友の会 会員特典から引用

3.歯周病で歯がなくならないためのポイント

歯みがきで口の中をきれいにする

歯みがきで口の中をきれいにする

歯の生えぎわに歯垢がまとわりついて細菌が繁殖しないかぎり、歯周病にはなりません。とにかく、上手な歯みがきの方法を覚えて、口の中をきれいにしましょう。

細菌が問題なら抗生物質を作用させればよさそうですが、常時薬をとるのは、副作用の心配をしなくてはなりません。

子供がどろんこになってケガをしたとき、どうなさいますか? まずはドロを洗い流すはずです。

このようにたいていの傷は患部を清潔にすれば自然に治ってしまうものです。歯周病の場合でも、歯の生えぎわの細菌が歯肉に浸入する部分を清潔にすることが最も大切なことで、上手にここを歯みがきすることが一番効果的な治療法といえます。

甘いものは控えめにする

砂糖を多くとると歯垢が多くなり、汚れた状態になるので、甘いものは控えめにしたほうがいいでしよう。砂糖の過剰摂取は細菌を殺す白血球の働きを弱めるという報告もあるので、注意したほうがよさそうです。実際に砂糖の摂取量を減らすことにより、歯周病が改善されたという報告も多く報告されています。

定期検診を欠かさないこと

定期検診を欠かさないこと

歯周病治療が終わると患者さんはひと安心でしょうが、歯医者の本当の心配はここから始まります。治療終了後に定期的に口の検診を勧めるにはわけがあります。口の中の環境が歯にとっていい状態にあるか、悪くなりかけている歯はないか、早めに手を打っておく箇所はないか確かめるわけです。定期検診は治療してもらうのではなく、治療しなくて良いように歯医者を利用するものです。